フィンランドで世界選手権大会に参加してみよう!

世界選手権大会
Eat Shoot Drive ©︎ Visit Finland

フィンランドのことを知るにつれ、とにかく今そこにあるもので楽しんでしまおうという、日々のくらしを豊かにするアイデアの宝庫のような場所だと思うようになりました。フィンランド各地で開催されている様々な、そしてユニークな世界選手権(!)もその一つ。

そこで今回は、この夏フィンランド政府観光局がおすすめする5つの世界選手権大会をくわしくご紹介します。ラインナップはこちら。

これらの大会で優勝すれば、世界チャンピオンになる夢を叶えられるかも?!


妻運び世界選手権|Wife Carrying World Championship

妻運び世界選手権
©︎ Visit Finland

まず最初にご紹介するのは、2022年7月1日, 2日に開催された、第25回「妻運び世界選手権」。

2年ぶりとなるこの大会の舞台は、ソンカヤルヴィ(Sonkajärvi)という人口4267人の村。オウルとクオピオの間にあるイーサルミという町の近くです。

なぜこのような小さな村で世界選手権が行われるのかといえば、そこには19世紀後半に名をはせたヘルコ・ロスヴォ・ロンカイネンという盗賊の物語が関係しています。

ロンカイネンが率いる盗賊団が、女性や他人の妻を背負って盗んだ、入団テストのために重いライ麦袋を担がせた、といった言い伝えが残されているのです。フィクションも多分にあるかもしれませんが、なかなか読ませる波瀾万丈の物語なので、ぜひ。

▶︎ Rosvo-Ronkaisen tarina

さて、この「妻運び世界選手権」、妻を担いで全長235.5mのコースを走るタイムレースです。砂地で足を取られやすい上、水濠などの障害物もあります。とても単純ですが、しっかりとルールが決められています。

まず、担ぐのは自分の妻でも、隣の奥さんでも、将来のパートナーでも構いません。ただし17歳以上、体重49kg以上(足りない場合はウェイトを追加)であること。

また担ぎ手の装備はベルトのみが許されています。妻を紐やテープで固定したりしてはいけません。妻を落としてしまった場合は、背中に乗せるか、腕に抱えて持ち上げること。

そして最後に、参加者全員が楽しくなければいけないと規定されています。なんとフィンランドらしいルール!

今年2022年の大会には、デンマーク、スウェーデン、エストニア、リトアニア、ドイツ、イギリス、アメリカなどからの参加がありました。入賞者には、フィンランドデザインの景品が贈られます。

次回の大会には、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?

▶︎ eukonkanto.fi

次回は、「ヘビーメタル編み物選手権」をお届けします。どうぞお楽しみに。

Recommend