#065 あの夏の感じ

暑い日が続いています。昨日のトゥルクの最高気温は30°C、朝晩は15°Cくらいに下がりますが ──

Moi!フィンランドをもっと好きになる65回目のレポートをお届けします。メニューはこちら。

  • nuotio夏至祭2022
  • フィンランドは今日も通常運転
  • 暮らしの中のコーヒー
  • フィンランド布教活動
  • 女子サッカー国際親善試合

nuotio夏至祭2022

今回はまず、自分の、というよりもMoiのサークル「nuotio_takibi」メンバーのみなさんのご報告です。

これまで実際にお会いすることができない日々が続いていましたが、すこし落ち着いてきたところで、サークルメンバーの有志でピクニックをしませんかという提案がありました。

それなら、たき火を楽しめる場所がありますよという反応をいただき、とんとん拍子にバーベキューも楽しんじゃいましょうという話になりました。

名前はどうしましょうかと相談したところ、ちょうど夏至祭の時期なので「nuotio夏至祭」はどうですかと、ユカさんが命名してくれました。

今回、たき火をする場所は、東京・昭島のモリパークアウトドアヴィレッジ内にある「Snow Peak TAKIBI LOUNGE」。

こちらの施設では、グリルやカトラリーなど道具類の無料レンタルがあるので、手ぶらでバーベキューを楽しむことができます。

駅前のスーパーで食材を購入し、すでに準備を始めていたみなさん(すみません、遅刻しました)。

今回のメニューは、バーベキュー、ダッチオーブンの新ジャガとそら豆、サーモンの燻製、マッカラ、ルバーブジャムとブルーベリーのレットゥ、パーコレーターでコーヒー、そして???。

燻製器にウッドチップ、そしてタイムやジュニパーなどのハーブを入れて火にかけるとすぐに煙が上がってきました。この後、サーモンを入れて蓋をします。出来上がりへの期待が高まります。

また隣では、お肉や野菜を炭火で焼きました。「もう焼けてますかね?」「焼けてるんじゃない?」たったそれだけの会話もたのしいバーベキュー初心者の自分。

この日の気温は34°C。炭火の熱で体感温度はもっと高かったかもしれません。燻製器の煙と次から次へと流れる汗で、まるでスモークサウナの中にいるみたいです。

*写真は、ヴィレッジ内にあるサウナアイテム専門店「サウナソッピ」のサウナカー。奥にはドーム型のサウナも。

蒸し焼きにしていた新ジャガにそら豆。

フィンランド料理では欠かせないジャガイモも甘くてホクホクです。そら豆は、蒸し焼きしたものと直火で焼いたもので食感や香りが変わっていておもしろかったです。

そろそろいい頃合いだと思いますと、燻製器を開けたところ。その香りと燻されて輝くサーモンに、みなさんから「おぉー!」っと声が上がります。

そっとナイフを入れるだけで、すぐにほろっとはがれる柔らかさ。こんなにお手軽においしい燻製ができるとは思いませんでした。

もちろんディルも欠かせません。サーモンのソースに入れたり、ジャガイモに添えたり。

最近はスーパーなどでも普通に取り扱われるようになってきたので、ご自宅でフィンランドの香りを感じたいときにはぜひ。家庭菜園などで作れたらいいのになぁといつも考えています。

そして、フライパンにバターを落として、レットゥを焼きます。1枚いちまい作るごとに上手になっていきます。

牛乳と小麦粉、卵、砂糖、塩だけのシンプルなレシピですが、モチモチとしていてこちらもおいしい。トッピングには、ブルーベリー、ルバーブのジャム、ホイップクリーム!

たくさんの料理を楽しみながら、みなさんからフィンランドへ行かれた時の話や食べ物の話などをたくさん聞かせていただきました。

普段は聞き流されてしまうようなフィンランドの話題でも、フィンランド好きの人たちの中では盛り上がるので楽しいとおっしゃっていたことが印象的でした。

ちなみに自分の担当はマッカラ。IKEAにフィンランド産のマッカラが売っていますよという情報をメンバーの方に教えてもらい、事前にシナッピ(甘めのマスタード)と一緒に購入しておきました。

ですが、もうすでにみなさん、お腹いっぱい、笑。

パーコレーターで淹れるコーヒー。ハンドドリップに比べてどこか香ばしく感じました。アウトドアで飲むコーヒーもまた一味違います。

みなさんに「薄めと濃いめ、どちらが好みですか」と聞いたところ、「ちょうどいい濃さ」という答え。はたしてちょうどいい濃さで淹れられたのでしょうか。

あっという間に時間は過ぎ、午後5時頃たき火を点火しました。

まだまだ暑くて近づけませんでしたが、パチパチとはぜる音やオレンジ色の炎を離れた場所から眺めているだけで、落ち着く感じがします。

「たき火で焼くパンありますよね」という話題が飛び出したところで、自分の用意していた隠し玉を披露。

ティックプッラを作るために、朝、パン生地を捏ねてきたのでした。みなさんが、先ほどのサウナソッピにアイスクリームを買いに行っている間に、たき火の前に座り、焼きます。

たき火の周りをくるくる回りながら、なぜか自分の方へやってくる煙に咳き込みます。あぁ、汗が目に、、、(アイスで生き返りました)。

以上、「nuotio夏至祭2022」の模様をお届けしました。

参加されたみなさん、ほぼ初対面の方たちばかりだったのですが、たき火を囲んで、料理をしたり、おしゃべりしたりと、すぐに打ち解けられるのは、やはり「フィンランド」という共通項があるからなんだと思いました。

自分の報告のあと岩間さんも言っていましたが、もうすこし涼しくなったらまた開催したいと思っています。今回ご都合が合わなかった方もぜひ!次回はモルック大会かも?


フィンランドは今日も通常運転

次の報告は岩間さん。芹澤桂著『フィンランドは今日も通常運転』(大和書房)を紹介してくれました。読みながら懐かしい気持ちになったそうです。

岩間さんが初めてフィンランドへ行った頃には、フィンランドに関する情報がほとんどありませんでした。そのため、現地の景色やそこで感じた驚きなど、とても印象深く残っていたそうです。ですが、フィンランドを好きになり、無駄に知識が増えるなかで、いつの間にかピュアな状態で見ることができなくなっていたかもしれないと岩間さん。

最初に受けた感覚を忘れたくない。今回この本を読んでそんな気持ちを思い出したそうです。

ミ:どんなときに読むのがおすすめですか?
イ:そうですね。フィンランド在住の方というのは、元々フィンランドが好きだった方と、たまたまフィンランドの人と結婚して住むようになった方などがいると思うんですが、芹澤さんは後者みたいです。フィンランドにどっぷり浸かった人でも、初めてフィンランドに触れる人でも、どちらの人にもおすすめです。


暮らしの中のコーヒー

そしてもうひとつ、立川にある福祉施設で行ったイベントについて岩間さんから。テーマは「暮らしの中のコーヒー時間」。フィンランドにおけるコーヒー事情から、私たちの暮らしへのヒントをご紹介しました。

最近はサンナマリン首相の来日や幸福度ランキングの話題など、テレビや新聞でもフィンランドが取り上げられることが多くなってきたので、色々な場面で話しやすくなってきたと岩間さん。

お話会のあとは、岩間さんの淹れたコーヒーを楽しんでいただきました。


フィンランド布教活動

そして今週、フィンランド布教活動をしたというミホコさんの報告です。

一つ目は「本物のサウナってどんなものですか?」という質問を受けたお話、「日本ではテレビがついていたりしますが、フィンランドのサウナは薄暗いそうですね」。

イ:最近はサウナに入りながらアイスホッケーを観られたりして本場感がなくなってますね、笑。
ミ:サウナの日本化?

二つ目は、フィンランド語と日本語、それぞれを話す時の思考回路の違いについて。ブリティッシュ英語とアメリカン英語を話し分ける方と話されたそうで、とても示唆に富んだ会話ができたとミホコさん。

三つ目は、ラクリッツを差し入れした話。ラクリッツだけだとおこられてしまうかもしれないので、ファッツェルのミルクチョコレートも一緒に贈られました。

さっそくリコリスについて「これ、美味しくないやつですね、笑」と感想がきたそうで「チョコレートは楽しみに食べます」とおっしゃっていたそうです。

イ:サルミアッキにしろ、けしてマズいものを作ろうとして、作っているわけではないですから。
ミ:そうですね、口寂しい時に食べるものです。
イ:若干、薬としての意味もあるんじゃないですか?
ミ:甘草(カンゾウ)ですからね。

フィンランドの訪問先で、お子さんから何の意図もなく食べさせられたのが最初だったという岩間さん。かつてお店でもお客さんに食べさせて、その反応を見るのが楽しみだったそうです。

ちなみに自分が最初にサルミアッキを食べたのもmoiで岩間さんにもらったものでした。とくにマズいとも感じず、こういうものかと思ってしまったので、岩間さんの期待に応えられなかった気がします、笑。


女子サッカー国際親善試合

最後に、今回お休みだったユカさんが教えてくれた情報をお知らせしました。

6月27日月曜日にトゥルクにてフィンランド対日本の女子サッカー国際親善試合が行われます。キックオフは現地時間18:15(日本時間28日0:15)。

その模様(録画)がBSフジにて、6月27日(月)26:32~29:00に放映されます。なんだかわかりにくい時間帯ですが、6月28日(火)午前2:32~午前5:00ということですね、笑。

► 女子サッカー国際親善試合|BSフジ

ミ:トゥルクも気温が高くなっているので、日本代表の皆さんも大変でしょうね。
イ:日本も暑くなっていますし、フィンランドの選手にとってはユハンヌスで夏休みの時期なので、試合へのモチベーションが落ちているかもしれませんよ、笑。
ミ:そう考えると、日本の方が有利かも、笑。


── とミホコさん。一方岩間さんによると東京の最高気温は35℃あったそうです。突然暑くなりなかなか身体が追いつきませんが、どうぞ皆さんも体調に気を付けながら良い夏をお過ごしください……ってまだ梅雨明けしてませんでしたね。それでは今回はこの辺で、次回もお楽しみに。

text : harada

#65|That Summer Feeling – Jonathan Richman