はじめてのフィンランド料理 〜サーモンスープ編〜

Lohikeitto (www.valio.fi)

みなさん、こんにちは、ハラダです。朝晩はすっかり冷え込んできましたね。こんな季節には温かいスープがいちばん、というわけで「11月の深堀りフィンランド」番外編として、フィンランド料理を作ってみよう!というコーナーが始まりました。シリーズ化されるかどうかはもちろん今回の料理の出来次第?です。

みなさんの中にもフィンランド料理を作ったり、習われたりされている方がいらっしゃると思うのですが、そのお話を聞くたびに食べてみたいなあ、もしくは作ってみたいなあという気持ちが湧いてきていました。なかなか外食する機会も少ないのでこの際自分で作ってしまおうということに。

記念すべき第1回目のメニューは、Lohikeitto(サーモンスープ)です。

ちなみに普段から料理をつくる方なのでそれほどおかしなことにはならないはず。ですが、サーモンスープというものをいただいたことがありません。そこで料理が出来上がったところで岩間さんに試食してもらい、その出来栄えを判定してもらおうという企画です。

判定方法は星の数で。
 ☆ もうすこし/☆☆ 普通/☆☆☆ おいしい

料理のレシピは、基本的にフィンランド語で書かれたものをなんとか訳して(危険な香りがしてきます、笑)作りたいと思います。近くのお店で手に入れづらい材料に関しては代わりのものを使用します。

今回の Lohikeitto は写真の見た目が美味しそうだった、フィンランドの乳製品メーカー「Valio」のレシピで作ります。 

https://www.valio.fi/reseptit/lohikeitto/

それではさっそくレシピの確認(意訳)をしていきましょう。


Lohikeitto

フィンランドのサーモンスープは手軽な家庭料理であり、おもてなしの料理としても人気があります。クリームチーズを加えるととても濃厚なスープになります。本場のライ麦パンと一緒にお召し上がりください。少し手を加えるだけで、魚の背骨スープ (kalaseljanka) にもなります。その場合、生クリームの代わりにディル風味のクリームチーズを使って酸味を加えましょう。

Valmistusaika 調理時間

  • 合計25分

Vaikeustaso 難易度

  • 料理愛好家クラス

Ainekset (4 annosta) 材料(4人分)

ジャガイモ2~3個 (250g)
細切り野菜(玉ねぎ・人参)1袋 (250g)
600ml
ローリエ1,2枚
オールスパイス4粒
鮭の切り身500g
Valio 3種のチーズクリーム1パック (250ml)
小さじ ½
ディル½ dl(適量)

kasvissuikaleita は短冊切りされた野菜パックのようです。検索した画像を見た感じ、玉ねぎ、人参、ズッキーニ、パプリカなどだと思われます。ご存じの方いらっしゃいますか? 実は、岩間さんからも秘伝のサーモンスープレシピをいただいているのですが、そちらを参考に玉ねぎと人参を使うことにします。

ディルの「½ dl」というのがよくわかりません。記号「dl」はデシリットルなのですが、ディルが½デシリットル? もしかしたら半束ということ? とりあえず適量でいきます。

材料で最後に重要なのが、Valio3種のチーズクリーム。おそらく近所のお店にはなさそうです。いろいろ他のレシピを見てみたところ牛乳や生クリームを使ったりしています。ここで再び岩間さんのレシピを確認してみると乳製品を使用していません。そこで今回は手に入れやすい牛乳を代わりに使いたいと思います。

OHJE 調理方法

  1. ジャガイモの皮を剥き、サイコロ状にします。ローリエとオールスパイスを加えて水で野菜を茹でます。
  2. 骨を取り除いた魚の切り身を四角く切ります。
  3. 沸騰してから5分待ちます。
  4. クリーム(牛乳)と塩を加えて、沸騰させます。刻んだディルを加え、味を確認します。
  5. ライ麦パンと一緒にどうぞ。

LOHISELJANKA ロヒセルヤンカ

  • Valioフレーバークリームチーズの代わりに、Valioヴィオラクリームチーズ1箱(200g)を使用する。クリームチーズはスープに酸味を加えます。完成したスープに加え、混ぜながら煮込みます。

こちらも、最初の説明に出てきた「kalaseljanka」もきっとサーモンスープのヴァリエーションなのでしょう。


text: harada