フィンランドデザインの世界

フィンランドデザイン展01

 みなさん、こんにちは、ハラダです。今月は2022年1月11日に渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで観てきた「ザ・フィンランドデザイン展」のレポートをお届けしたいと思います。

 実はこの日は岩間さんがまだ一度も行ったことがないというムーミンバレーパークへ遠足に行く予定でした。しかし数日前から雲行きが(その言葉通り)怪しくなってきました。前日になってやはりあいにくの雨らしい、というかピンポイントでその日だけ雨!というわけで急遽、遠足の行き先を変更することになったのです。

 雨男って本当にいるみたいですね。いま思うと展覧会のディスプレイのリトルミイもなにかを暗示しているような、笑。それではさっそくレポートをはじめます。すこし長くなりますが、どうぞお付き合いください。

  1. 湖のきらめき
  2. 美しさのかたち
  3. テキスタイルとリュイユ
  4. トーベ谷の仲間たち
  5. フィンランドデザインと世界

panu-turunen
photo: Panu Turunen (Unsplash)

1. 湖のきらめき

 1917年にロシアから独立したフィンランドはバウハウスの理念やモダニズムの影響を受けながら、国の復興を推し進めていきます。森や湖といった自然以外の資源が乏しいフィンランドでは当時から観光に力を入れていました。

 1926年にヘルシンキ中央工芸学校にグラフィックアート学部ができると、いくつかの広告代理店が開業し、学生たちもコンペティションに参加するようになりました。1930年代から多くの観光ポスターなどが作られていましたが、やはりフィンランドのグラフィックデザインといえばエリック・ブルーン抜きには語れません。会場にいくつか展示してあったポスターも一目で彼の作品だと分かるものでした。

ヘラジカ
Erik Bruun

 そして大きな湖のパネル写真の前に展示されていたのが、オリジナルのアアルトベース。フィンランドデザインと聞いて誰もが最初に思い浮かべる作品ではないでしょうか。最初に目についたのが大きな切り株を切り抜いたような木型。内側が焦げて黒くなっている感じもかつて何度も使われてきたことを思い起こさせます。そして隣に、大きさの異なる花瓶がふたつ。

 ── 影が違う。

 岩間さんが教えてくれました。アアルトベースの置かれた白い台の上に映る影に注目してみると確かに違います。花瓶の外形の影はいま市販されているものとほとんど変わりません。しかし内側にはひび割れたような光の屈折した模様が浮かび上がっていました。

アアルトベース
Iittala

 それは水中に潜って上を見上げた時に、水面に広がる光のきらめきのように見えました。アアルトベースのデザインの由来については「Eskimoerinden Skinnbuxa|エスキモー女性の革パンツ」とアアルト自身も呼んでいたように不明な点もありますが、やはりこれは「湖」だと考えていいのではないかと思いました。

 この影が偶然のものなのか、計算したものなのかはわかりません。おそらく当時の技術ではガラスに不純物が入ってしまったり、制作の時点で気泡が含まれてしまったりすることがあったのではと岩間さんは言っていました。ちなみにアイノ・アアルトの「Bolgeblick|水紋」シリーズも、気泡を目立たなくするためにあのようなデザインになったそうです。

アイノ・アアルト
Iittala

 とはいえ、そんな偶然さえも味方につけてしまう作品であるところにフィンランドデザインの秘密が隠されているのかもしれません。